「Javascript連携」について

JavaScript連携

タグ機能では、選択したセグメントに対して、任意のJavaScriptタグを配信することができます。特定のテンプレートに依存するものではありませんので、Google ディスプレイネットワーク・Yahoo!ディスプレイアドネットワーク・その他DSP等、広告配信サービスのリターゲティングタグを設定することで、特定のセグメントに対してのみ有効な広告配信を実現できます。

 メニューの場所

設定セクションを開きJavascript連携メニューへ進むと表示されます

JavaScript新規登録方法

画面右上の+新規登録をクリックするとJavaScript新規登録画面が表示されます。

登録したいタグをJavaScriptタグ欄に入力して、連携するセグメントを選び登録をクリックします。

 

上図の通り「割り当てセグメント」を選択する必要がありますため、事前に セグメントを登録してからご利用くださいませ。

出力タイプについて

3種類の出力タイプそれぞれについての説明
セグメント該当時初回のみ 指定されたセグメントに該当したタイミングでのみ発火
セグメント該当時毎回 指定されたセグメントのURL条件、パラメータ条件に該当した時、毎回発火
タグ接触時毎回 指定されたセグメントに該当していれば、SATORI計測タグに接触した時、毎回発火

SATORIで獲得したアンノウンユーザーへのFacebook広告出稿について

「JavaScript連携 - 新規登録」にて、「JavaScriptタグ」欄にFacebookピクセルコードを貼り付けます。その後、Facebook広告のアカウントでカスタムオーディエンスを設定します。
SATORI管理画面でJavaScript連携の設定を完了した後からFacebookへアンノウンデータが送られ始めますので、ご注意ください。

詳しくは、Facebook広告の公式ガイドをご覧ください。
ウェブサイトからカスタムオーディエンスを作成

※リンク先のサイトはFacebookが提供するコンテンツであり、SATORI株式会社では記載されている内容についてのご質問にお答えすることができません。何卒ご了承ください。