01.任意のタイミングでSATORIに行動データを送信するサンプル

ページ遷移しないで情報が切り替わるウェブページや、PDFファイルのリンククリックなどの場合、SATORIにデータを追加で送信するためのJavaScriptを記述することで対応できます。 本サンプルをご活用いただくことで、上記のようなケースにも対応させることができます。

送信したデータは、パラメータ条件の設定でSATORIに取り込んでセグメントの元データとすることができます。
下の画像にある、キーと値のところで扱えるデータを任意のタイミング(クリック等)でSATORIに送信することができると知っていただければと思います。

 

See the Pen 01.任意のタイミングでSATORIに行動データを送信するサンプル by satori_support (@satori_support) on CodePen.