「データ提供オプションサービス」について※別途申込が必要です※

「データ提供オプションサービス」とは

SATORI管理画面上では確認できない、SATORIで蓄積されているDMPデータの提供オプションになります。利用方法としては他のデータとつきあわせていただくことでBIツール等で分析が可能でございます。

 

■提供可能なデータ内容

 

・DMPデータ

  • 「datetime:日時(日本時間)」

  • 「satoriid:cookieに書かれているユニークID」

  • 「ipaddress:IPアドレス」

  • 「useragent:ユーザーエージェント」アクセスした際のOSやブラウザ、スマホなのかPCなのか
  • 「currenturl:アクセスURL」アクセスがあったURL(SATORI計測タグが設置されていること前提)
  • 「refererurl:リファラURL」currenturlの前にアクセスしていたURL
  • 「segmentidset:保持しているセグメント」セグメントIDの表示
    ※IDを36進数にしたのがセグメントキーになります
  • 「foundsegmentidset:このアクセスで付与されたセグメント」
    前回アクセスした際には持っていないが、今回のアクセスで付与されたセグメント

  • 「hotsegmentidset:このアクセスで該当したセグメント」既に付与済み、新規付与に関わらず、このアクセスで当てはまる条件を含むセグメントを表示(非該当のものは出てきません)
  • 「lostsegmentidset:このアクセスで削除されたセグメント」
     今回のアクセスで失ったセグメント(前回のアクセスから今回のアクセスの間に非該当になった、もしくは180日たって削除されたもの)

※customer_hashcodeは currenturl/refererurl に一部含まれます。

 

・カスタマーデータ

  • customer_id:カスタマーID(ユニーク) 

  • customer_hashcode:カスタマー識別コード(ユニーク)
     
  • email:メールアドレス 

 

データ提供方法について

データはCSVで提供します。お申し込みをいただき手続きが完了した日付からデータファイルが作成され、Amazon S3を利用して提供しています。(ID/PWを利用して任意にダウンロードが可能です)

お申込の流れ

ご希望の場合はサポート宛てにご連絡くださいませ。
開始までには5営業日ほどお時間をいただきます。

その後お申込書を送付いたしますので、ご希望のデータ「DMPデータ」「カスタマーデータ」どちらか、もしくは両方にチェックを入れ、お申込書記載の上ご連絡ください。

 弊社の手続きが完了いたしましたら、Amazon S3のID/PWをお伝えいたしますので、そちらより日毎のデータをDL頂きますようお願いいたします。

データオプションを利用したデータ分析方法一例 

①access_logから「ハッシュコード、SATORI_ID、メールアドレス」の対応表を生成する。 
 ※初回はすべてのaccess_logから生成、以降は最新ログから対応表に追加することで処理時間を短縮可能。

②access_logの「SATORI_ID」と対応表の「SATORI_ID」を関連付けて、 
 各アクセスが「誰か(メールアドレス)」を判断する。 
 ※対応表に存在しないアクセスは、紐づけされていないということ

③SATORIから、全カスタマーデータのCSVをダウンロードすることで、 
 「メールアドレス」をキーとして、より詳しいカスタマー情報を把握できる。 

ご利用料金

「DMPデータ」「カスタマーデータ」それぞれ50,000円/月