「Webhook」機能追加のお知らせ

最終更新日:

「Webhook」機能のリリースを実施いたしました。

「SATORI」のWebhook機能をご利用いただくことにより、「SATORI」で作成したフォームにカスタマー情報が入力されフォーム送信の実行がなされたときに、SATORIの管理画面(カスタマー管理)に登録されると同時に、Webhook機能であらかじめ指定しておいた任意のWebアプリケーションに対してフォームに入力された値を登録したり、通知したりすることができます。

 ※対象のWebアプリケーション側でWebAPIが用意されていることが前提条件です。

attention.png 本機能は、開発者でなくともご利用いただける機能として提供しております。
ただし、一定のWeb知識および連携先のAPI仕様の理解が必要になる内容を含みます。
各社様でご利用の連携先のWebアプリケーションについてのサポートは対象範囲外となります。
一定のWeb知識および連携先のAPI仕様についてご理解のある(APIドキュメントを理解できる)開発ご担当者様などに作業いただくことをおすすめいたします。

 

■「Webhook」機能で可能になること

  • 「SATORI」フォームへ登録された値を、任意のチャットツールへ通知する
  • 「SATORI」フォームへ登録された値を、任意のCRMツールへ渡す (登録する)

※対象のチャットツールやCRMツール側でWebAPIが用意されていることが前提条件です。

■代表的なツールへの連携方法の一例

外部ツールの機能および設定詳細はサポート範囲外となります。
あくまでも設定イメージをつかんでいいただくための一例となります。
実際の設定に関するお問合せには対応しておりませんのでご了承ください。

 

■新規メニュー「Webhook」が追加されました

左カラムメニュー [コンテンツ] > [Webhook] が追加されました。
「Webhook リスト」画面右上の「+」ボタンから「新規Webhook作成」を開いて新しい Webhook の作成を行うことができます。

webhook_20200214_01.png

 

■新規メニュー「Webhook履歴」が追加されました

左カラムメニュー [アクション] > [Webhook履歴] が追加されました。
各履歴の右側「︙」から「詳細」をクリックすると、連携された値やレスポンスコードなど、リクエストの詳細が確認できます。

 webhook_20200214_05.png

■「フォーム」機能に「Webhook設定」が追加されました

左カラムメニュー [コンテンツ] > [フォーム] の各フォーム設定画面の最下部「Webhook設定」から新規作成や作成済みの Webhook を設定することができるように、機能追加されました。

webhook_20200214_04.png

「Webhook」についての詳細はこちらからご確認ください。

この記事は役に立ちましたか?

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています