カスタマーとブラウザ情報の紐づけ

紐づけを行うことで、ウェブアクセス履歴など行動履歴を取得することが可能となります。