SATORI計測タグ実行後のコールバック関数について

最終更新日:

2021/11/11のUI刷新 第一弾リリースにてカラースキーム(配色設計)とタイポグラフィ(文字の書体、大きさ、配列のしかたなど)を変更しております。オンラインマニュアルに掲載している画面キャプチャと実際の管理画面の配色や文字の状態が異なる場合がございますがご了承いただけますと幸いでございます。

SATORI計測タグ実行後のコールバック関数

こちらを設定するには、HTML の編集や JavaScript コードに関する知識、または経験豊富なウェブ開発者のサポートが必要です。

下記のコールバック関数を設定することにより、SATORI計測タグがページで実行された際に、カスタマーの該当している最新のセグメント情報に基づいた任意のJavaScriptを実行する機能です。

SATORI計測タグがオプトアウトされているカスタマーへも任意のJavaScriptの実行が可能です。この場合JavaScriptの実行はされますがSATORIへ取得データは送信されません。すぐにコールバック関数が実行されます。

コード


<script>
var StDmp = {};
StDmp.afterFunc = function(segs) {
    if (undefined === segs) {
        // Case of opted out
    } else {
        // ここに処理を書きます
    }
}
</script>

 

  • 第一引数 `segs` は該当しているセグメントキーの配列です。

【配列例】

["key1", "key2", "key3"]
  • セグメントキーはSATORIのセグメントリストから確認ください。
  • オプトアウトされている場合は、第一引数`segs`は'undefined'になります。

注意事項

  • 弊社では開発コードの提供は行っておりません。処理する為のJavaScriptは各社でご用意ください。
  • コールバック関数を使用して、エンベッド・ポップアップの設置コードを設置する場合は、設置コードを出力するプログラムに 「data-immediately ="true"」のコード追記が必要となります。
    ※以下のような設置コードを出力するプログラムをご記述ください。こちらのコードをそのままコールバック関数内にご記述されても設置コードは出力されません。
    <div id="satori__creative_container">
    <script id="-_-satori_creative-_-" src="//delivery.satr.jp/js/creative_set.js" data-key="XXXXXXXXXXXXXXXX"
    data-immediately="true"></script>
    </div>

セグメントキーの確認方法

①設定セクションを開きセグメントメニューへ進むとセグメントリストが表示されます。

 _____.png

 

②各セグメントごとにセグメントキーが表示されています。

afterfunc_segmentkey.png

 

この記事は役に立ちましたか?

2人中0人がこの記事が役に立ったと言っています