SATORI計測タグ実行後のコールバック関数について

SATORI計測タグ実行後のコールバック関数

こちらを設定するには、HTML の編集や JavaScript コードに関する知識、または経験豊富なウェブ開発者のサポートが必要です。

下記のコールバック関数を設定することにより、SATORI計測タグがページで実行された際に、カスタマーの該当している最新のセグメント情報に基づいた任意のJavaScriptを実行する機能です。

SATORI計測タグがオプトアウトされているカスタマーへも任意のJavaScriptの実行が可能です。この場合JavaScriptの実行はされますがSATORIへ取得データは送信されません。すぐにコールバック関数が実行されます。

コード


<script>
var StDmp = {};
StDmp.afterFunc = function(segs) {
if (undefined === segs) {
// Case of opted out
} else {
// ここに処理を書きます
}
}
</script>

 

  • 第一引数 `segs` は該当しているセグメントキーの配列です。

【配列例】

["key1", "key2", "key3"]
  • セグメントキーはSATORIのセグメントリストから確認ください。
  • オプトアウトされている場合は、第一引数`segs`は'undefined'になります。
  • 弊社では開発コードの提供は行っておりません。処理する為のJavaScriptは各社でご用意ください。

セグメントキーの確認方法

①設定セクションを開きセグメントメニューへ進むとセグメントリストが表示されます。

 afterfunc__segment.png

 

②各セグメントごとにセグメントキーが表示されています。

afterfunc_segmentkey.png