「一括登録」・「一括削除」について

一括登録・一括削除

 既存の顧客情報をでSATORIに登録したい場合には、CSVファイルを利用する事で一括登録が出来ます。また一度登録した顧客情報を一括削除する事もできます。

※2017年10月12日付「カスタマーカスタム項目」機能のリリースによりCSVファイルのフォーマットの仕様が変更になりました。下記は新しいCSVファイルのフォーマットを使用した場合の内容となりますのでご注意ください。

一括登録・一括削除をされる場合は、一括登録、一括削除の画面から新しいCSVファイルを必ずダウンロードした後に実施ください。

 メニューの場所

カスタマーデータセクションから、一括登録・削除のメニューに進むと表示されます

 

1.一括登録

カスタマーデータをまとめて登録する場合に活用します。一括登録のフォーマットはサンプルのCSVファイルをダウンロードにてご確認下さい。ダウンロード時のサンプルファイル名は「customers_sample_v20171012.csv」です。

 

FireShot_Capture_18_-_________-______SATORI_-_https___stg.satr.jp_customers_upload.png

既存データへの上書き

一括登録の機能では既存の登録済データを上書きすることができます。上書きする場合では、上書きする項目を「すべて」もしくは「項目を指定」を選択することができます。「項目を指定」ではカスタマー属性項目に基づいて上書き項目を選択することが可能です。

何らかの事情で一括でメール配信を停止させたい時などは、以下の手順で情報を更新します。

  1. 該当となる条件でカスタマー検索
  2. 「検索したカスタマーすべてにアクション」からCSVダウンロードを選択
  3. ダウンロードしたデータの「delivery_permission」カラムを「拒否」に変更し保存
  4. 一括登録にて該当のデータをアップロード
  5. 処理が完了するとシステムからメールが届き問題がなければ設定が反映されます。

2.一括削除

カスタマーデータをまとめて削除する場合に活用します。メールアドレスの項目さえあれば削除が可能です。
サンプルのCSVファイルをダウンロードにてご確認下さい。ダウンロード時のサンプルファイル名は「delete_customers_sample_v20171012.csv」です。

※一度削除した顧客情報は元に戻すことができないため、注意して作業を行ってください。

FireShot_Capture_19_-_________-______SATORI_-_https___stg.satr.jp_customers_destroy_upload.png

 

3.一括登録および一括削除する際のCSVファイルについて

  • CSVファイルについては管理画面からサンプルファイルをダウンロードしてください。
  • ダウンロードしたCSVサンプルファイルには、カスタマーカスタム項目で設定した項目が含まれます。
  • CSVファイルのカラムの並び順は任意で変更が可能です。並び順を変更する場合は、変更後の1行目のヘッダ行と2行目以降のデータの並び順は必ず一致するようにしてください。
  • カスタマーカスタム項目で設定した項目はカラム名は「cusutom:設定した識別名」となります。
  • CSVファイルの文字コードはアップロード時に「Shift-JIS」もしくは「UTF-8」を選択してください。

Macでファイルを開いたり編集をすると文字コードが変換されてしまい、アップロードした際にエラーが出る場合があります。

4.一括登録および一括削除する際の処理時間および完了メール通知について

CSVファイルをアップロードしていただくと処理が開始いたします。

完了するまで若干の時間を要しますので、即時完了するものではございません。

また完了しますとログインしているアカウントのメールアドレスに完了メールの通知が来ます。

 

・一括登録の件名:【SATORIからのお知らせ】カスタマー一括登録が終了しました

・一括削除の件名:【SATORIからのお知らせ】カスタマー一括削除が終了しました