退会処理について

最終更新日:

退会処理の概要

ユーザーとして登録されていたSATORIのシステムから、自ら「退会」する処理です。
退会処理を行うと、SATORIのシステム上からユーザーとしての登録がなくなり、SATORIをご利用いただくことができなくなります。
退職などにより、 ご自身が今後SATORIを利用することがない場合にご利用ください。

退会ユーザーの挙動

退会処理を行ったユーザーは、下記を行うことができなくなります。

  • 登録されていたすべての企業アカウント(企業・組織)へのログイン
  • すべての企業アカウント(企業・組織)において、キャンペーン・シナリオ・フォームで通知先として設定されていた通知メールの受け取り

退会方法

管理画面右上の人型アイコンから設定します。

■設定手順

  1. 管理画面にログイン。
  2. 管理画面右上の人型アイコンをクリック。
  3. ご自身の名前をクリック。__1.png
  4. アカウント情報変更画面に遷移。右下にある「退会する」ボタンをクリック。
    __2.png
  5. 「よろしいですか?」というダイアログが表示される。退会して本当に問題なければ、「OK」をクリック。
  6. 退会処理が完了。
    __3.png

 

注意事項

  • 退会処理を行うと、所属するすべての企業アカウントにおいてSATORIをご利用いただくことができなくなります。本当に退会して問題ないかをご確認の上、処理を行うようにしてください。
    ※退会済みのメールアドレス/パスワードでログインを試みると「メールアドレスまたはパスワードが無効です。」というメッセージが表示されログインできません。
    ※退会後に同じメールアドレスで新規ユーザーとして再度登録(管理者/管理責任者による登録または招待)することはできます。ただし、新規ユーザーとしての登録となり、以前の情報を引き継ぐことはできません。
    ※複数の企業アカウントに登録されているユーザーが退会処理を行った場合、どの企業アカウントにもログインできなくなります。
  • 類似機能にユーザーロック機能があります。詳細はこちらよりご確認ください。
    ※退会処理とユーザーロック機能の違いは、こちらよりご確認ください。
    ※特定の企業アカウントに登録されているユーザーに対して、管理画面へのアクセス(ログイン・閲覧などすべての操作)を一時的に制限(ロック状態に)したい場合は、退会処理ではなくユーザーロック機能をお使いください。
    例)部署異動などにより一旦SATORIの操作担当を外れるが、いつか操作を再開する可能性がある、など

この記事は役に立ちましたか?

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています