Sansanとの連携サービス(データ連携オプション Sansan)※別途お申し込みが必要です※

最終更新日:

Sansanでデータ化された名刺情報を、SATORIのカスタマー情報へ連携させるサービスです。SansanからSATORIへの一方通行のデータ連携のみで、SATORIからSansanへのデータ連携はございません。

サービスの仕組み

SATORIの外部サービス連携用APIとアクションやマスタ情報のCSVを、JBアドバンスト・テクノロジー株式会社が提供するデータ連携基盤「Qanat Universe」を通じて、SansanのAPIと連携しています。

この仕組みにより、お客様はSATORIおよびSansanが提供するAPIを「データ連携オプション」を通じて利用することが可能ですが、SansanのAPI仕様やデータ仕様等についてはサポート範囲外となります。必ずお客様自身で仕様とデータの精査・管理をしていただき、「連携要件連絡書」の作成をお願いいたします。

連携イメージ

連携イメージ① 連携指示

Qanat Universeが、SATORIとSansanそれぞれのAPIをコールし、データの取得や登録を行います。お客様は、Qanat Universeへの連携指示を作成していただきます。Sansanがデータ化した名刺情報のどの項目をSATORIのどの項目に連携させるか、などの連携仕様については、お客様にご指示いただきます。

なお、連携対象とする名刺情報の範囲は、指定いただくAPI keyに紐づくユーザーの取得可能範囲と同等になります。

(例)

Sansan_1.png

連携イメージ② 格納先

Sansanがデータ化した名刺情報のどの項目をSATORIのどの項目に連携させるか、などの連携仕様をご指示いただきます。

(例)

Sansan_2.png

連携条件について

データ連携オプション Sansanでは、所定の条件より選択いただく形で連携条件を指定いただきます。

1.登録データの範囲(いずれかを選択)

1-1.読み込まれた名刺はすべて登録(部署等で制限したい場合、Sansan側で設定が必要です)
1-2.特定の名刺所有者の分のみ登録
1-3.特定のSansanタグがついている名刺のみ登録

2.登録の挙動(いずれかを選択)

2-1.同じメールアドレスのカスタマーがすでにSATORI内に存在する場合、上書きする
2-2.同じメールアドレスのカスタマーがすでにSATORI内に存在する場合、上書きせず更新しない2-3.同じメールアドレスのカスタマーがすでにSATORI内に存在し、名刺交換日が古い場合は上書きしない(※名刺交換日にあたる項目をWritable/Readableとする必要があります)

登録条件(いずれかを選択)

3.名刺所有者をSATORIタグとしてSATORIへ登録
4.名刺所有者をSATORIカスタマーカスタム項目へ登録
5.名刺交換日をSATORIカスタマーカスタム項目へ登録
6.名刺交換日をSATORI「情報獲得日」へ登録
7.SansanタグをSATORIタグとしてSATORIへ登録
8.Sansanタグの情報をまとめてSATORIカスタマーカスタム項目へ登録
9.任意の文字列をSATORI「情報獲得経路」へ登録

連携種別について

デフォルトのカスタマー項目およびカスタマーカスタム項目のすべて(※一部除く。補足参照)に対し、以下の連携種別を選択いただくことができます。Readable/Writableは、外部ツールへ登録させるし更新も受け付ける、という設定のため、データの整合性の観点から非推奨となります。

項目 意味 用途
NG 連携できない SATORIと外部サービスとの連携に利用しない
Readable SATORIから取得できる SATORIでしか更新しない項目で、連携ではSATORIの情報を外部サービスへ書き込む
Writable SATORIに書き込める SATORIでは更新しない項目で、連携では外部サービスの情報をSATORIへ書き込む
Readable/Writable SATORIから取得できるし、書き込める ※非推奨

連携種別の補足

以下のカスタマー項目はWritable指定することができません。

  • スコア
  • ステータス
  • ハッシュコード
  • カスタマーID

以下のカスタマー項目はReadableとしてもWritableとしても指定できず、連携対象とすることができません。

  • 配信ステータス
  • メール状況
  • カスタマー同士で値の重複を「許可しない」としているカスタマーカスタム項目

料金 ※すべて税抜き

ご契約のプランにより料金体系が異なります。

※ご契約前のお客様は担当の営業へお問い合わせください。
※有料契約中のお客様には「SATORI 活用支援サイト」より料金詳細をご確認いただけます。
 参考:SATORI料金プランのご案内 (有料契約社様専用サイトとなっております。)

ご利用料金に関する注意事項

  • 最低契約期間は6か月、その後はSATORIのご利用契約に準じます。
  • 本番用環境での連携をご提供開始した日付が含まれる月を 1 か月目として 6 か月間のご契約です。日割りはせず、初月に月額費用 1 か月分をご請求いたします。初期費用は、お申込書を提出いただいた月にご請求します。
  • 解約を希望される場合は契約終了の1か月前までにご連絡いただく必要がございます。この際、ご連絡いただいた日より12営業日以上先の、契約終了日までの間の任意の日付を連携停止日としてご指定いただきます。
  • SATORI契約を終了する際にオプション費用の契約期間が残っている場合、SATORI契約の最終請求時に残存期間分を一括請求します。
  • データのバックアップのため、別途「データ提供オプション カスタマーデータ」のご契約をお勧めいたします。
    データ提供オプションについて

注意事項

  • 連携開始後の、連携項目の追加や変更は月1回まで、それ以上は別途お見積りとさせていただきます。
  • 当社では要件定義はいたしかねます。お客様にて連携項目、連携タイミングを定義していただき、所定のフォーマットにご記載いただいた内容で設定をいたします。確認用に作成したトライアル環境にてご確認・検収いただきましたら、本番環境へ反映いたします。
  • 日々のカスタマーデータバックアップのため、「データ提供オプション カスタマーデータ」のご契約をお勧めいたします。
  • エラー通知先メールアドレスがご担当者様の退職等により変更になる場合、遅滞なくSATORIサポートセンターへご連絡ください。
  • SATORIセールスパートナーを通じてSATORIを導入されているお客様は、申込書の書式が異なります。お手数ですがご契約のセールスパートナー担当者へご連絡をお願いいたします。

※ 記載している会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。

この記事は役に立ちましたか?

1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています