「SATORI」で作成したフォームにて送信された個人情報の格納方法について

最終更新日:

フォームでの設定

フォームから送信された個人情報はSATORIに自動で格納されます。カスタマー情報に連携する項目は「項目・追加編集」で自由に選択できますが、「メールアドレス」はSATORIのシステム上必須項目です。

フォームのカスタム項目を選択して追加する際、入力された値の格納先としてカスタマーカスタム項目で設定した項目を選択することが可能です。

詳しくは「フォーム」についてをご覧ください。

「登録済みカスタマーの場合の動作」で「既存データを上書きしない」と設定した場合

フォームから送信された情報のうち、新規登録のみが行われます。「SATORI」内に既に該当するメールアドレスが存在しているカスタマーの情報は更新されません。

「登録済みカスタマーの場合の動作」で「既存データを上書き」と設定した場合

フォームから送信されたメールアドレスが「SATORI」内にカスタマーとして存在しない場合には、新規として登録されます。既に存在している場合は、フォームに入力された情報で更新されます。

フォーム送信レポートについて

フォームリストの「≡」より、「フォーム送信レポート」を選択すると、フォームから送信された情報の確認が可能です。フォーム送信レポートでは、フォームから入力および送信したカスタマーの一覧、それぞれのカスタマーが入力した内容の詳細を確認することができます。

  • 画面右上の「CSVダウンロード」で一覧の出力が可能
  • カスタマー名のクリックで、各カスタマーのフォーム送信内容の確認が可能

活用例

フォーム送信レポートの活用例としては、以下が挙げられます。

1.フォームをお問い合わせ・資料請求フォームとして活用時に、CSV出力して該当カスタマーやフォーム回答情報を一覧で確認
2.セミナーフォームとして活用時に、CSV出力してセミナーの受付表として利用

この記事は役に立ちましたか?

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています