「フォーム」について

フォーム

フォームではSATORIに自動連携されるフォームを簡単に作成できる機能です。

フォームの種類には

  • エンベッド型のフォーム
  • ポップアップフォーム

の二種を指定できます。SATORIカスタマー情報に連携する項目を自由に選択でき、またフォーム自動返信用メールテンプレートおよびフォーム通知用のメールテンプレートに使用できる任意の項目を自由に追加できるフォームを作成できます。

 メニューの場所

コンテンツセクションを開きフォームメニューへ進むと表示されます

____.jpg

 

フォーム作成のフローは以下の6ステップで作成していきます。

ポップアップ・エンベッドどちらのフォームも同じ順序で作成できます

  1. コンテンツ作成方法選択
  2. コンテンツ設定
  3. カスタマーカスタム項目への連携
  4. 自動返信メールおよび通知設定
  5. プレビュー・CSS設定
  6. ターゲット設定
  7. ポップアップ設定

 

1.コンテンツ作成方法選択

ポップアップ:フォームをポップアップで表示させたい場合に選択します

エンベッド:フォームを任意の箇所に埋め込みで表示させたい場合に選択します

_______.jpg 

2.コンテンツ設定

既存のフォームを雛形で利用する場合には「雛型の読み込み」から、フォーム一覧をご確認ください。

____.jpg

入力が必要な項目は以下の通りです。

  • 「フォームパーツ名」
  • 「情報獲得経路」には作成するフォームから入力があった場合に、そのカスタマーに付与したい「情報獲得経路」を入力してください。初期値は自動的に「フォームパーツ名」が挿入されるようになっています。
  • 「確認画面」を有りにすると、入力内容の確認画面が表示されるようになります。
  • 「登録済みカスタマーの場合の動作」を「既存データを上書きしない」にすると、フォームに入力された情報の新規登録のみが行われ、メールアドレスが既に存在しているカスタマーの情報は更新されません。「既存データを上書き」を選択すると、フォームに入力された「メールアドレス」がカスタマーとして存在しない場合には新規登録として、既に存在している場合には、フォームに入力された情報で内容が更新されるようになります。
  • 「フォーム上部タイトル」にはポップアップされたフォームの上部に表示させたい文字列を指定してください。エンベッドにはこの項目はありません。

 

__________.jpg

  • 「表示タイプ」は、「リンクを表示」または「メッセージを表示」を選択してください。
  • 「プライバシーポリシーURL」には、フォームを設置する予定のウェブサイトのプライバシーポリシーのURLを記入してください。この項目を入力するとフォーム表示に出力される「当社のプライバシーポリシーに同意の上、送信してください。」という文言にリンクが挿入されます。
  • 「プライバシーポリシーメッセージ」には、任意のメッセージを入れることが可能です。また記述の仕方によっては、プライバシーポリシーではなく利用規約や約款という任意の言葉に変更してリンクすることも可能です。下記のサンプルは、『http://example.com』を適切なリンク先に変更していただきまして、プライバシーポリシーメッセージに入れていただくと、利用規約に変更してリンクを別ウィンドウで表示できるようになります。
<a href="http://example.com"target="_blank">利用規約はこちら</a>
  • 「プライバシーポリシー同意チェックボックス」には任意の文言を設定することが可能です。ここに記入した文言がチェックボックスの横に表示されます。
  • 「プライバシーポリシー同意チェックエラー」にはチェックが漏れていた際に表示する文言を設定することができます。
  • 完了時の動作」で、完了時に同じページ内で完了メッセージを表示させるか、完了ページに遷移させるかを選択してください。

______.jpg

______.jpg

フォーム送信完了時に付与するタグ」にはフォームに入力をしたカスタマーに付与したいタグを指定してください。複数のタグを付与することが可能です。

__.jpg

フォーム項目設定では、フォームに表示させる項目の設定が可能です。

  • 「氏名」
  • 「メールアドレス」

「メールアドレス」はSATORIのシステム上必須項目です。

 

______.jpg

項目 入力制限
メールアドレス 255文字まで、適正なメールアドレス
カスタマー 氏名 氏・名それぞれ255文字まで、半角、全角、英数字が入力可能
カスタマー 氏名(ふりがな) 氏・名それぞれ255文字まで、半角、全角、英数字が入力可能
カスタマー 企業名 255文字まで
カスタマー 部署名 255文字まで
カスタマー 役職 255文字まで
カスタマー 電話番号 半角数字(ハイフン入力可能)
カスタマー 携帯電話番号 半角数字(ハイフン入力可能)
カスタマー ウェブサイト 255文字まで、適正なURL
カスタマー 住所 255文字まで
カスタマー メモ  
カスタマー タグ付与(単一選択) タグ名
カスタマー タグ付与(複数選択) タグ名
テキスト 255文字まで
テキストエリア 255文字まで
数値  
日付  
都道府県  
単一選択  
複数選択  

 

  • 「メールアドレス」〜「カスタマータグ付与(複数選択)」までの項目

「登録済みカスタマーの場合の動作」を「既存データを上書きしない」にすると、フォームに入力された情報の新規登録のみが行われ、メールアドレスが既に存在しているカスタマーの情報は更新されません。「既存データを上書き」を選択すると、フォームに入力された「メールアドレス」がカスタマーとして存在しない場合には新規登録として、既に存在している場合には、フォームに入力された情報で内容が更新されるようになります。

  • 「テキスト」~「複数選択」までのフォームのカスタム項目

値の格納先として「カスタマーカスタム項目」を設定していない場合

⇒カスタマー情報には入りません。

メールテンプレートのテンプレートグループ「フォーム自動返信用」および「フォーム通知用」に特殊変数として使用することができます。

値の格納先として「カスタマーカスタム項目」を設定した場合

⇒以下の様な仕様で値が格納されます。

「既存データを上書きしない」にすると、フォームに入力された情報の新規登録のみが行われ、メールアドレスが既に存在しているカスタマーの情報は更新されません。「既存データを上書き」を選択すると、フォームに入力された「メールアドレス」がカスタマーとして存在しない場合には新規登録として、既に存在している場合には、フォームに入力された情報で内容が更新されます。メールテンプレートのテンプレートグループ「フォーム自動返信用」および「フォーム通知用」に特殊変数として使用することができます。

 

___.jpg

 

それぞれ「ラベル」「プレースホルダー」「補助テキスト」を必要に応じて記入し、「この設定で項目を追加」をクリックしてください

一覧の中で赤字で示した「単一選択」「複数選択」については、以下のように「選択肢」が表示されます。

 

単一選択」はフォーム上でラジオボタンによる選択項目が表示されます。

複数選択」はフォーム上でチェックボックスによる選択項目が表示されます。

  • 「選択肢の表示名」に入力した値はラジオボタンおよびチェックボックスの項目名になります。
  • 「付与するタグ」に入力した値はフォーム入力時にその選択肢を選択したカスタマーに付与したいタグを指定します。

選択肢の入力が完了したら、「選択肢を追加」をクリックしてください。

すべての選択肢の入力が完了したら、「この設定で項目を追加」をクリックしてください。

____.jpg

3.カスタマーカスタム項目への連携

フォームのカスタム項目を選択して追加する際に、入力された値の格納先としてカスタマーカスタム項目で設定した項目を選択することが可能です。

www11.png

  • 「種類」からフォームのカスタム項目(テキスト、テキストエリア、数値、日付、都道府県、単一選択、複数選択)を選択
  • 「入力された値を格納するカスタマーカスタム項目」の欄が表示
  • 既に設定している「カスタマーカスタム項目」の「カスタム項目名」から値の格納先を選択
  • 特殊変数を設定可能。設定した場合は「フォーム自動返信用」および「フォーム通知用」のみで使用可能。

フォームの項目ごとにデータタイプが設定されているため、一致するデータタイプのカスタマーカスタム項目のみが格納先の選択肢となります。

フォーム項目とカスタマーカスタム項目の連携、データタイプについては下記の表を参照ください。

フォーム項目 カスタマーカスタム項目との連携 カスタマーカスタム項目連携時のデータタイプ
メールアドレス
カスタマー 氏名
カスタマー 氏名(ふりがな)
カスタマー 企業名
カスタマー 部署名
カスタマー 役職
カスタマー 電話番号
カスタマー 携帯電話番号
カスタマー ウェブサイト
カスタマー 住所
カスタマー メモ
カスタマー タグ付与(単一選択)
カスタマー タグ付与(複数選択)
テキスト 文字列/複数行テキスト
テキストエリア 複数行テキスト
数値 実数/整数
日付 日付
都道府県 文字列/複数行テキスト
単一選択 文字列/複数行テキスト
複数選択 文字列/複数行テキスト

 

なお、同一の項目にフォームで設定したバリデーションとカスタマーカスタム項目で設定したバリデーションがある場合、フォームへ入力があった際には、両者のバリデーションがそれぞれ確認されます。その両方をパスできなければエラーとなります。

 

4.自動返信メールおよび通知設定

新規にテンプレートを作成または、既存テンプレートを編集するには、グローバルメニュー「コンテンツ - メールテンプレート」にて操作していただく必要があります。操作いただくために、現在の作成画面を離れた場合、作成途中のものは破棄されますので、一度保存されることをお勧めします。

_________.jpg

「自動返信メール設定」に進むと、「送信しない」もしくは「送信する」のいずれかを選択できます。「送信する」を選択すると、メールテンプレートのテンプレートグループ「フォーム自動返信用」のテンプレートを選択することができます。

 

____.jpg

同様に「通知設定」に進むと、「送信しない」もしくは「送信する」のいずれかを選択できます。「送信する」を選択すると、メールテンプレートのテンプレートグループ「フォーム通知用」のテンプレートを選択することができます。また「+」マークで通知先をアカウントユーザーに対して任意に増やすことができます。

※カスタマーカスタム項目を値の格納先としない場合の例※
「フォーム自動返信用」および「フォーム通知用」メールテンプレートには、カスタマー情報には入らない任意の項目も特殊変数として使用することが可能です。「日付」の項目を利用して誕生日を入力していただく場合には下記のように特殊変数名を指定できます。

___.jpg

____.jpg

「フォーム自動返信用」および「フォーム通知用」メールテンプレートに{{params:特殊変数名}}としていただくと特殊変数として使用可能です。

5.プレビュー・CSS設定

「デザイン設定」に進むと以下の様な、フォームのプレビューが表示されます。

「CSS」の項目で任意のスタイルに変更することが可能です。

「スマートフォンモード」を「ON」にすると、スマートフォンでの表示プレビューに切り替わります。

CSS.2.jpg

 

6.ターゲット設定

フォームを表示するセグメントを選択します。すべてのカスタマーを対象にする場合は、「全てのカスタマーを対象にする」をクリックすると、ウェブサイトに訪問したすべてのユーザーにフォームが表示されます。

7.ポップアップ設定

ポップアップを表示させるタイミングと表示場所を設定します

  • 表示する場所」はポップアップを表示する場所を指定します。
  • ポップアップさせるタイミング」は以下の種類より選択できます。
    1. 即時(即時にポップアップが表示されます)
    2. スクロール量(指定したピクセルだけスクロールした際にポップアップが表示されます。
    3. スクロールパーセント(指定した%だけスクロールした際にポップアップが表示されます。
    4. 'satori__popup_button' class付きボタン押下時('satori__popup_button' というクラス名の付いたHTML要素をクリックした際にポップアップが表示されます)
    5. 時間(ポップアップが表示されるまでの秒数を指定できます。)
    6. 任意のタイミング(SatoriHTMLPart.showWidget(); を実行することにより、ポップアップが表示されます)

 

  • 閉じるボタンの動作」は以下の種類より選択できます。
    1. 以降表示しない(閉じるボタンを押すと、そのポップアップは表示されなくなります)
    2. 再アクセス時には再度表示(閉じるボタンを押すと最小化され、再度HTMLパーツを設置したページにアクセスが有った場合には、再度ポップアップが表示されます)
    3. 以降最小化状態で表示(閉じるボタンを押すと最小化され、再度HTMLパーツを設置したページにアクセスが有った場合には、最小化状態のまま表示されます)

 

ポップアップさせるコンテンツを複数追加してABテストを実施する事もできます。

コンテンツ追加をクリックすると、上記で作成した新規フォーム作成のフローと同じフローで新たなフォームを作成し追加する事ができます

 

8.フォームコード取得

すべての設定を完了し、下部の「登録」ボタンをクリックすると、作成したフォームを表示させるためのjavascriptコードが表示されます。

表示されたjavascriptコードをフォームを表示させたいページの任意の位置(<body>タグ内)に挿入してください。

フォームを設置するページおよびフォームの完了画面に指定しているページには、「SATORI計測タグ」も必ず設置してください。

設置をしていない場合、正しくデータの取得が行われません。

※GTM(Googleタグマネージャ)を使用する場合にはコチラをご確認ください。