DKIM認証/SPFについて

メール配信をするにあたり「迷惑メールとして判断される事」を軽減させるための設定になります。

SATORIからメールを配信する際に、メールテンプレートで任意の送信元メールアドレスを設定できますが、
この送信元メールアドレスのドメインを利用したメール送信にはDKIMおよびSPFの設定がされておりません。
通常この状態でもメールは届きますが、受信者によっては迷惑メールフィルタの設定等により迷惑メールとみなされてしまう場合があります。
そのため、迷惑メールと判定される可能性を低減させるためにDKIMの設定および、SPFの設定を推奨しております。

DKIMとは

DKIM (DomainKeys Identified Mail)とは、 電子メールの送信ドメイン認証技術であり、
「正規のサーバ・ドメインから偽装なく配信されているかを確認する」技術です。

送信者はメール配信時に電子署名をメールにつけて送信し、
受信者は電子署名を読み取り、正規のサーバからメールが配信されていることを検証します。

迷惑メールと判断される要因の一つに、「送信元を偽装したメール」が挙げられます。
DKIMを設定をすることにより、「送信元を偽装したメール」を受け取った受信者は電子署名を正しく読み取ることができないため、迷惑メールと判断することができます。
また、設定によって送信元を偽装したメールに対してどのように扱うかも行うことができるようになります。

正規のサーバからメールが配信されていることが確認とれた場合、迷惑メールと判断されることが低減されます。
※迷惑メールと判断するのは受信者のメールサーバ次第となるため、必ず迷惑メールと判断されなくなるわけではありません。

SATORIのメール配信では、任意のメールアドレスを送信元アドレスとすることができますが、
実際は送信元アドレスとは違うドメインのメールサーバ(AmazonSESまたはCuenoteSRS)からメールが配信される事から、
「送信サーバと送信元メールアドレスのドメインが違う為、迷惑メールである可能性が高い」と判断される場合があります。
送信するメールが、正しい送信元から送信されたことを検証可能にし、迷惑メールとみなされることを軽減させる目的としてDKIM設定を推奨しております。

※SATORIメールはS/MIME方式には対応しておらず、DKIMのご案内をしております。

設定をご希望の場合は以下をご確認の上、SATORIサポート宛てにご依頼くださいませ。

DKIM依頼方法

DKIMの設定をご希望の際には「DNSのCNAMEレコードおよびTXTレコードに登録する情報、SPFの設定情報」をお伝えしております。
DKIMの設定を行うにあたって以下注意点がございますのでご確認ください。

・ご依頼から設定完了までは約5営業日を目安でお時間をいただきます。
ご依頼を承り次第、設定に必要な情報を送付いたします。その後貴社で設定を行っていただき、その後再度弊社で確認・対応の必要あるため場合によっては設定完了までにお時間をいただく可能性がございます。ご了承くださいませ。
・貴社で対応いただく際サーバの専門知識が必要になります。

ご確認いただいた上、DKIMの設定をご希望の場合は以下の内容を添えてサポート宛てにご連絡ください。

・対象の企業ID
・対象のドメイン(@以降)
※複数ドメインをご利用の場合は、複数分ドメインをお知らせください。

DKIMの設定前後による署名欄の表示の相違について

カスタマーがメールを受信した際に表示される署名欄につきまして、DKIM設定の前後で表示される内容が以下のように相違があります。
※メーラーによって表示・非表示が異なります。

■設定前の署名欄

・To:カスタマーの「メールアドレス」「苗字」「名前」※送信時の設定によります
・From:「送信元アドレス」「送信元名」「amazonses.com 」の経由情報
・Date:カスタマーがメールを受信した日時
・件名
・署名元:amazonses.com※メーラーによって表示・非表示が異なります

■設定後の署名欄

・To:カスタマーの「メールアドレス」「苗字」「名前」※送信時の設定によります
・From:「送信元アドレス」「送信元名」
・Date:カスタマーがメールを受信した日時
・件名
・署名元:DKIM認証したドメイン※メーラーによって表示・非表示が異なります。

■DKIM設定後の相違点

・From:設定前「amazonses.com 」⇒設定後は表示されません。
・署名元:設定前「amazonses.com 」⇒設定後「DKIM認証したドメイン」

 

SPF

SPF(Sender Policy Framework)とはメールの送信元を偽る「なりすましメール」対策として、差出人のメールアドレスが詐称されていないかを受信者が確認できる設定です。
設定されていない場合は、メールが弾かれてしまう可能性が大変高くなっています。

実際にメールが送信されるAmazon SES, Cuenote SRSのドメインでSPFの設定を行っていますが、DKIMの設定を希望された場合には、SPFの追加設定をお願いしています。
送信元アドレス(メールテンプレートで設定したアドレス)のドメインに対してもSPFの設定を追加で行うことで、より迷惑メールと判定される可能性を低減することができます。