キャンペーン設定事例

最終更新日:

以下にキャンペーン機能の設定例を記載しております。マーケティング施策の数値の可視化にお役立てください。

キャンペーン機能の概要につきましてはこちらをご確認ください。

「セミナー」⇒「商談獲得」のように任意の順番でタグを付与されたカスタマーを可視化したい場合

マーケティング施策の結果をタグで管理している場合、下記設定をすることで、任意の順番にタグが付与されたカスタマーを可視化できます。

【想定例】 

・「展示会/イベント来場者」の中から「セミナー」に誘導できたカスタマーを可視化

・「展示会/イベント来場者」の中から「商談」につながったカスタマーを可視化

・「外部媒体でのリード獲得者」の中から「セミナー」に誘導できたカスタマーを可視化

・「外部媒体でのリード獲得者」の中から「商談」につながったカスタマーを可視化

・「セミナー申込み者」の中から「商談」につながったカスタマーを可視化

 

【キャンペーンの設定内容】

■キャンペーン対象:「Aタグ」 not 「Bタグ」 Ex)「セミナータグ」not「商談タグ」

■目標:「Bタグ」 Ex)「商談タグ」

 

【「SATORI」設定手順】

1.検索条件の設定

設定手順:カスタマー管理>🔍ボタン>タグ絞り込み条件で「Aタグ」:「+含める」、「Bタグ」:「-除外」を選択>✔この条件式をセット>検索条件を保存

2.キャンペーンの設定(キャンペーン対象)

設定手順:キャンペーン>「+」ボタン>キャンペーン対象設定の「検索条件による対象設定を可能にする」を✔>「1.」で保存した検索条件を設定

3.キャンペーンの設定(目標名)

設定手順:キャンペーンの新規登録画面にて目標を新規作成>ゴールのタイプ:タグ、目標のゴール:「Bタグ」を選択

「Cページ閲覧」⇒「Dページ閲覧」のように、任意の順番でのページ閲覧者を可視化したい場合

Web閲覧者をセグメントでグルーピングし、目標に設定したいセグメントをシナリオ機能を活用してタグ付与することで可視化できます。

 

【「SATORI」設定手順】

1.Cページ閲覧のセグメントを作成

2.Dページ閲覧のセグメントを作成

3.シナリオで「トリガー:Dページ閲覧セグメント」「リアクション(タグ付与):Dページ閲覧タグ」を設定し、Dページを閲覧したら「Dページ閲覧タグ」が自動で付与されるように設定

4.検索条件の設定

設定手順:カスタマー管理>🔍ボタン>「該当セグメント」で「Cページ閲覧のセグメント」を選択>タグ絞り込み条件で「Dページ閲覧タグ」:「-除外」を選択>✔この条件式をセット>検索条件を保存

5.キャンペーンの設定(キャンペーン対象)

設定手順:キャンペーン>「+」ボタン>キャンペーン対象の「検索条件による対象設定を可能にする」を✔>「4.」で保存した検索条件を設定

6.キャンペーンの設定(目標名)

設定手順:キャンペーンの新規登録画面にて目標を新規作成>ゴールのタイプ:タグ、目標のゴール:「Dページ閲覧タグ」を選択

この記事は役に立ちましたか?

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています