ポップアップ設置コードのタグマネージャー連携について

GTM(Googleタグマネージャ)のみ対応をしております。

コードを書き換えてGTM側で設定をいただくことで可能でございます。

過去のGTMタグ書き換えコード(複数設置非対応)、現在の書き換えコード(複数設置対応)2つの方法がございます。

・通常のポップアップ設置コード

<div id="satori__creative_container">
<script id="-_-satori_creative-_-" src="//delivery.satr.jp/js/creative_set.js" data-key="xxxxxxxxxxxxxxxx"></script>
</div>

 

1つのポップアップに対するGTM用の設置コード

こちらのGTMコードはポップアップ複数設置には対応しておりません。複数設置をご希望の場合は下部にあります「複数設置用のGTMの設置コード」をご確認ください。

13行目の『xxxxxxxxxxxxxxxx』の部分には、設置コードに書いてある「data-key="xxx"」の英数字をご入力ください。

<script>
  (function(creative_key) {
    var c, s;
    c = document.createElement("div");
    c.id = "satori__creative_container";
    s = document.createElement("script");
    s.id = "-_-satori_creative-_-";
    s.src = "//delivery.satr.jp/js/creative_set.js";
    s.setAttribute("data-key", creative_key);
    s.setAttribute("data-immediately", "true");
    c.appendChild(s);
    document.body.appendChild(c);
  })("xxxxxxxxxxxxxxxx"); </script>

「document.writeをサポートする」のチェックがついている場合は外すようにお願いいたします。

※2019/3/29に、以前まで掲載していたコード(72行ほどの長いコード)を上記14行のコードに書き替えました。以前まで掲載していたコードも変わらず機能します。 

 

複数のポップアップに対するGTM用の設置コード

※以下ポップアップ複数設置については2018/09/25にリリースしました。

ポップアップ複数設置を行うためには、GTM側で以下の通りにコードの書き換えが必要となります。本ページの上部に記載しております「1つのポップアップに対するGTM書き換えコード」は、複数設置には対応しておりませんのでご注意ください。

例として「data-key="xxx"」「data-key="yyy"」2つのポップアップを同一ページ内へ設定する場合は、以下の2つの方法いづれかで複数設置が可能でございます。
※GTM設定内で「document.writeをサポートする」のチェックがついている場合は外すようにお願いいたします。

 

(1)GTMタグ中に「複数の設置コードを設定する」方法

以下のコード内の「xxxxxxxxxxxxxxxx」「yyyyyyyyyyyyyyyy」はポップアップ設置コード「data-key="xxx"」「data-key="yyy"」の英数字をご入力ください。

更にポップアップを増やす場合は、「__SatoriCreativeSetInitiators.push("zzzzzzzzzzzzzzz");」を4行目以降に追記いただく事で可能です。

<script>
  if (typeof __SatoriCreativeSetInitiators === "undefined") { __SatoriCreativeSetInitiators = []; }
  __SatoriCreativeSetInitiators.push("xxxxxxxxxxxxxxxx");
__SatoriCreativeSetInitiators.push("yyyyyyyyyyyyyyyy"); </script> <script type="text/javascript" src="//delivery.satr.jp/js/creative_set_initiator.js"></script>

※1つのポップアップを設置したい場合、 __SatoriCreativeSetInitiators.push("");は1つ記載いただければ正しく動作いたします。

(2) 2つのGTMのタグ設定をし同時にトリガーが実行される場合の、それぞれのGTMタグ内の記載方法

・1つ目のGTMタグ内

<script>
  if (typeof __SatoriCreativeSetInitiators === "undefined") { __SatoriCreativeSetInitiators = []; }
  __SatoriCreativeSetInitiators.push("xxxxxxxxxxxxxxxx");
</script>
<script type="text/javascript" src="//delivery.satr.jp/js/creative_set_initiator.js"></script>

・2つめのGTMタグ内

<script>
  if (typeof __SatoriCreativeSetInitiators === "undefined") { __SatoriCreativeSetInitiators = []; }
__SatoriCreativeSetInitiators.push("yyyyyyyyyyyyyyyy"); </script> <script type="text/javascript" src="//delivery.satr.jp/js/creative_set_initiator.js"></script>

 

GTM以外のタグマネージャー

弊社では挙動の保証はしておりません。ご了承くださいませ。