広告流入カスタマーのコンバージョンを計測する方法

最終更新日:

特定の広告から流入したカスタマーのコンバージョンを計測するための設定をご紹介します。

※一部、HTML の編集や JavaScript コードに関する知識、または経験豊富なウェブ開発者のサポートが必要となる内容(コールバック関数の設定)を含んでいます。

設定手順

  1. 広告からの流入を計測するためのセグメントを作成
  2. コンバージョン(フォーム送信完了)時に付与するタグを作成
  3. フォームの設定
  4. コールバック関数の設定

1.広告からの流入を計測するためのセグメントを作成

広告からの遷移先として設定されているURL(パラメータ付き)に関して、セグメントを作成します。その際に評価スパンのチェックは外してください。

パラメータがある場合のセグメントの作り方

複数の広告からのコンバージョンを比較したい場合は、各項目からの遷移先URL(パラメータ付き)それぞれについて、セグメントを作成してください。

2.コンバージョン(フォーム送信完了)時に付与するタグを作成

「1.」で作成したセグメント該当者がフォーム送信完了した際に付与するためのタグを作成します。

複数の広告からのコンバージョンを比較したい場合は、タグもそれぞれについて作成してください。

例:「Yahoo広告流入×問い合わせ完了」「Google広告流入×問い合わせ完了」

3.フォームの設定

「1.」で作成したセグメント該当者に表示するフォームを設定します。

フォーム設定画面の「フォーム送信完了時に付与するタグ」にて、「2.」で作成したタグを指定します。

 1つのエンベッドまたはポップアップの中で、コンテンツとしてカスタムフォームを複数作成し、「ターゲット設定(コンテンツを表示するセグメントを選択)」の画面で、「1.」で作成した流入経路別のセグメントを選択します。

エンベッドについて
「2.コンテンツの追加」をご参照ください。

4.コールバック関数の設定

※広告からの遷移先と、コンバージョンのためのフォームを置くページが全く同一のページである場合に必要な設定となります。

SATORI計測タグ実行後のコールバック関数について

コールバック関数の設定をしていただくことにより、広告から流入してフォーム設置ページにアクセスした段階で、「1.」で作成したセグメントに該当し、そのセグメント情報を元に、「3.」で設定したフォームを表示させることが可能となります。

※コールバック関数を設定しない場合は、初回のアクセス時にはセグメント判定までとなり、そのセグメントに対応するフォームの表示は次回以降のアクセス時、または同ページをリロードして以降になるという制約がございます。

 

「1.」~「4.」までを設定いただくことにより、広告流入カスタマーがコンバージョンした際に、流入元が判別できるタグが付与されますので、そのタグをもとに広告からのコンバージョンを計測することが可能となります。

この記事は役に立ちましたか?

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています